<back  next>
チェスと男性の写真

羞恥心  男性ヌードアート・コレクション 

 ヌード撮影には2パターンあり、最初からヌードになる場合と徐々に脱いでいく場合があります。プロのモデルならばどちらであっても同じ表情しか撮れませんが、撮影未経験もしくは経験が浅いモデルとなると徐々に脱ぐ撮影ではかなりの羞恥心が伴うようです。
 ですので最初にモデルさんにどちらが良いか伺うようにしています。M的なモデルにとっては羞恥心は撮影の良いスパイスになりますが逆にSよりの人には羞恥心があるがゆえに曝け出せないもどかしい撮影になります。最初にどちらか決めて撮影することでモデルさんも「これからどうなるんだろう?」という不安感を捨てられます。
 女性であっても男性であってもヌード撮影において「羞恥心」をどう利用するかがいかに良いショットを撮れるか、充実した撮影ができるかをきめることになるのですね。





 チェスを楽しんでいるようですがモデルはぼけていますしチェスが主役のようにも見えます。ただ、モデルの顔が見えないことで妄想を掻き立てられますし、見る人によって見方が変わる面白いショットだと思うのです。


「TOP」 てかる肌 男の背中 宗教的な写真 局部を曝す 腹筋 布を羽織る 美しいポーズ 体育座り 時計 アート Vライン脱毛 屋外で撮る 女性カメラマンに撮られる あの時の顔 足の指 スケキヨマスク せっかち 仮面 縛りのセンス 牢獄 男性下着 艶っぽいヌード 知らない自分 ハコスタジオ川崎 羞恥心 チェスのルール ありのままで プライバシー配慮 マゾヒスト 性癖 彫刻 Tバック センスの共有 監禁写真 吊られる男 乳首ピアス 二人のアート エンディング 体毛 妄想 非日常の共有 相性 ヌード撮影の理由 疑心 スニーカー 加工 日常的な空間 全体のバランス 男性ストリッパー モダンではなく永遠 クリストファー・リー 影の写真 LGBT