<back  next>
LGBTの解説をつけているページに掲載されている女装緊縛写真

LGBT  男性ヌードアート・コレクション 

 以前はセクシャルマイノリティ―という単語を多く耳にしましたが、最近では「LGBT」のほうが主流ですね。
レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字からとっていますが、セクシャルマイノリティ―をこの4つで区切ってしまうのはどうなのだろうという疑問も持ってしまいます。例えば両性具有の方はどこにも属しませんし…。
 半面、この単語があることによってセクマイに偏見がある人や興味のない人に関心を持ってもらうきっかけになるのかもしれません。




 LGBTに関しての文章にこの男性ヌード写真(緊縛女装姿)は不適切と思われるかもしれませんが、セクシャリティ―と性癖は切れない間柄だと思ってあえて載せています。

LGBTの方からのご依頼も多いのですが、自分で言うのもなんですがとても良い写真を撮らせていただいています。
美しく、かっこよく、そして人間らしくエロティックに。今後も撮り続けていきたいですし色々な方と関わって生きていきたいと思っています。



「TOP」 てかる肌 局部を曝す 腹筋 布を羽織る 美しいポーズ 体育座り Vライン脱毛 屋外で撮る 牢獄 インテリア 女装は心のヌード 額縁とヌード 男性下着 艶っぽいヌード 知らない自分 ハコスタジオ川崎 羞恥心 チェスのルール ありのままで プライバシー配慮 マゾヒスト 乳首ピアス 二人のアート エンディング 体毛 妄想 非日常の共有 相性 ヌード撮影の理由 疑心 スニーカー 加工 日常的な空間 全体のバランス 男性ストリッパー モダンではなく永遠 影の写真 性同一性障害かどうか sexy  ネクタイ LGBT